車の運転は靴で変わる 事故が防げる安心の靴は?

皆さん、どんな靴を履いて車の運転をしていますか?
 
スニーカー?
サンダル?
ヒール?
 
運転のしやすさは車の影響はもちろんですが、履いている靴によっても変わります。
 
車の運転をするときの靴は運転を邪魔しないことがとても重要。
 
どんな靴を選べば安心して車の-運転に集中できるかがわかり、より一層運転を楽しむことができます。
 
車だけじゃなく安全運転には足元も大切ということを実感した私が靴で車の運転がどう変わるのか紹介していきます。
 

車の運転は靴で変わる

まず、車の運転をするのには、「向いている靴」と「向いていない靴」があります。
 
なんとなく想像つくかとは思いますが、そのとおりです。
 

向いている靴

車の運転に向いている靴は
 
  • スニーカー
  • ウォーキングシューズ
  • ランニングシューズ
  • ドライビングシューズ
 
です。
 
更に
 
  • 滑らない
  • かかとの形状が邪魔にならない
  • ソールが厚すぎない
  • 軽い
  • 柔らかい
こういった素材や特徴のある靴が車の運転に向いている靴です。
 
滑らないのは雨の日のペダル操作で誤ってしまうことを防ぎ、事故を防ぐことができます。
 
かかとの形状ですが、基本的にかかとをつけてペダル操作をするのですが、大きいと足の操作の邪魔になってしまうからです。
 
ソールが厚すぎると、どれくらいアクセル・ブレーキを踏んだかわからないので急がつく操作になってしまいます。
 
軽い靴を選ぶことでペダルの移動がラクになり操作を素早く行うことができます。
 
柔らかさはアクセル・ブレーキを踏んだ時に、足の甲が痛くならないためにも重要です。
 
スニーカーよりウォーキングシューズやランニングシューズ。
 
ウォーキングシューズやランニングシューズよりドライビングシューズと言った感じになります。
 

向いていない靴

車の運転に向いていない靴は
 
  • サンダル
  • ヒールのある靴
  • つま先のとんがっている靴
  • 重い靴
  • 厚底靴
です。
 
サンダルは自分の足とフィットしていないので、かかとをホールどできるからと言って安心して運転できるものではありません。
 
隙間に、ブレーキ・アクセルのペダルが入って、誤動作してしまう可能性が高く危険です。
 
ヒールのある靴は、運転しているときの足が安定しません。
 
かかとがずれたり、かかとの位置が高いことでペダルを正確に操作することがむずかしくなります。
 
つま先のとんがっている靴を履くと、つま先部分が天井にあたったり、引っかかったりしてペダル操作が不安定になります。
 
重い靴や厚底靴だと、ブレーキ・アクセルのペダルの反応がわかりにくくなってしまうので、正確なペダル操作を妨げてしまいます。
 
正確な操作ができないということは緊急時に対応できないということです。
 
仮に、急に人が飛び出してきたときに、向いている靴を履いていたら正確な運転ができて止まることができたかもしれませんが、向いていない靴を履いていたことで事故につながる可能性もあります。
 
車の運転を安心してするために靴は大切です。
 
好みもあるのですが、正確なペダル操作ができるような靴を選ぶようにしましょう。
 

事故につながる可能性を防ぐ

車の運転に向いていない靴だと、事故リスクが高くなります。
  • ペダルの踏み間違え
  • 操作ミス
運転中の足元は狭いのですが、ちゃんと動かすことができないから事故につながってしまいます。
 
例えば、ヒールを履いていてアクセルやブレーキを踏むときに、ヒールが邪魔でしっかりと踏めないということがあります。
 
ヒールがなければ、しっかり踏むことができるのですが、邪魔になりブレーキペダルに力がしっかりかけられなくて止まることができない。
 
どんなに頑張ってもこれ以上踏むことができない。
 
それで事故になってしまいます。
 
操作ミスはつま先の長い靴に起こりがちです。
 
アクセルを踏んでいて、信号が赤になり止まろうとしています。
 
アクセルを緩めて、足をブレーキペダルに移そうとしたら引っかかり動けません。
 
焦っても車は進んでいるので止まりきれず事故。
 
靴を変えるだけでもペダルの踏み間違えや操作ミスを少なくすることができます。
 
最後に念押しで答え(必要に応じて)
「慣れてるし、私なら大丈夫!」
 
そう思っている人が一番危ないので注意してくださいね。

道路交通法で違反になる靴もあるので注意

道路交通法の第70条には
両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。
とあります。
 
サンダルやヒールではこの「確実に操作し」というところは難しいですよね。
 
とっさの操作のときに、靴が脱げて挟まってしまうことや、ヒールが邪魔して正確な操作ができないということもあります。
 
住んでいる場所によっては、指定されてダメなものもあります。
 
  • かかとの高いハイヒール
  • 下駄
  • スリッパ
滑りやすいものや操作が正確にできない、操作を邪魔してしまう可能性が高いものなので、運転するときにこの靴を履いているだけでも違反に繋がります。
 
「靴で違反て・・・」
 
と思うかもしれませんが、ヒヤッとする前に、しっかりと運転できる靴を選ぶのがオススメです。
 

裸足なら良い?

 
裸足はダメとは言われていません。
 
人によってはブレーキを踏んだときの感覚が裸足のほうがわかりやすいという人もいます。
 
裸足で車の運転をするのはダメじゃないけど、リスクはあります。
 
万が一、挟まってしまったら・・・
 
靴を履いていたほうがダメージは少なくてすみますよね?
 
今起こっていないから良いと言うのではなく、こうなってしまったら・・・ということも考えて選ぶのがベストです。
 
違反になるということは履いていて危ないものという認識を持つようにして、ちゃんとした靴で運転するようにしましょう。
 

向いている靴はどんな靴?

車の運転に向いている靴はドライビングシューズです。
 
車の運転をしやすくする工夫が詰まっているからです。
 
  • ソールの薄さ
  • 引っかかりの少なさ
  • 重さかとの形状
 
これらが運転をするために考えられて作られています。
 
なので、スニーカーやウォーキングシューズ、ランニングシューズでもこういったタイプの物を選ぶようにしましょう。
 
注意したいのが、最近のウォーキングシューズなどです。
 
「意外とかかとでかいじゃん!」
 
って自分も思ったのですが、衝撃吸収のためにかかと部分が長い場合があります。
 
その点はスニーカーのほうが上に感じます。
 
私は、ソールの薄さと引っ掛かりのなさでスニーカーを使っています。
 
運転していると横の部分が引っかかることがあるのですが、とってもお気に入り!
 
ヒール・アンド・トゥしなければ問題ないです

車の運転は靴だけで激変する

車の運転は靴を変えるだけで激変します。
 
「運転うまくなってない?」
「しっかり操作できるから安心」
 
そんな風に心にも余裕が生まれてきます。
 
たかが靴かもしれませんが、されど靴。
 
今はおしゃれな靴でも運転がしやすいものもたくさんあります。
 
特に女性はおしゃれしても楽しみたいし妥協できないところでもあります。
 
でもそんなときは、車に靴を入れておくようにしましょう。
 
履き替えるだけだから運転中は運転に集中することができます。
 
タイトルとURLをコピーしました