車の窓ガラスのコーティングはどれがおすすめ?

car-window

車の窓ガラス。フロント、サイド、リア、サイドミラーがありますがどこにどんなコーティングをしていいか悩むことは無いですか?

場所によっておすすめするコーティングがありどれを買おうか悩んでいる人は参考にしてください。

車のフロントガラス、サイドガラス、リアガラス、サイドミラーそれぞれ役割がありどんなコーティングが適しているのか紹介していきます。

車の窓ガラス、フロントガラスにおすすめのコーティング

まずは車の窓ガラスで一番重要なフロントガラスのコーティングです。フロントガラスは運転しているときに一番見る部分なので撥水コーティングがおすすめです。

撥水することでフロントガラスの水滴を少なくすることができます。

大雨のときでも撥水しているときとしていないときではワイパーをかけたときでも差があります。

ワイパーをした水が撥水していることでしっかり飛ばすことができて前を見やすくしてくれる効果があるからです。

もちろん撥水をしていても見えにくい時はあります。ですがやっているときとやっていないときでは水のつき方も全然違います。

ちょっとスピードに乗って運転していれば自然に水玉が飛んでくれるしワイパーをかけた後もきれいにすることができます。

車のフロントガラスには極力水滴が残らないほうが良いので撥水コーティングがおすすめです。

▼車の窓ガラス撥水コーティングはこちら▼

 

車の窓ガラス サイドガラスのコーティングは?

車のサイドガラスのコーティングでおすすめなのは親水コーティングです。

撥水コーティングでも良いのですが水玉が残り、夜の運転でサイドミラーや外が見えにくくなってしまうからです。

以前、運転席側だけ撥水コーティングをしていて助手席側が未コーティングの時がありました。

夜運転しているときに右を見ると光が反射してしまい見にくかったのが、助手席側を見てみるととても外が見やすかった経験があります。

いくら撥水させていても少しは水滴が残ってしまい、それが見えにくさの原因になっていたんです。

なので車のサイドガラスのコーティングでは親水コーティングがおすすめです。

親水コーティングだと水が残ってしまいそうと心配な人もいますが粒にならず大きなまとまりで水が引いていくので水が残りにくいのも特徴です。

▼車の窓ガラス窓ガラス親水コーティングはこちら▼

 

リアガラスはどのコーティングがおすすめ?

車のリアガラスのコーティングでおすすめなのは親水コーティング。

親水コーティングだと水が残りにくく光が反射しないからです。

基本的にフロントガラスとリアガラスには撥水コーティングをしているのですが、雨の日に運転していると撥水コーティングだと後続車のライトが反射してとても見にくくなります。

後続車との距離感もわかりにくくなってしまうのでしっかりと見えるほうが良いからです。

走っていれば水滴が落ちるから大丈夫じゃない?って思うかもしれません。

リアガラスは走っていてもなかなか水滴が流れて行ってくれません。

ボディにたくさん水が残っているときは良いかもしれませんが走っているときはどうしても見にくくなってしまいます。

親水コーティングなら水を塊で落としてくれるので視界を遮ること無くきれいにすることができます。

チカチカして後ろを気にしていると衝突事故の原因にもなるので注意しないといけません。

サイドミラーのコーティング

車のサイドミラーのコーティングでおすすめなのは親水コーティングです。

サイドミラーの水は撥水していてもほとんど落ちてくれないからです。

車線が見えにくい雨の日の運転で横の確認や後続車の確認をしているときにサイドミラーに水滴がついていると全く見えません。

見えないということは確認ができていないということで事故の原因にもなります。

車のサイドミラーをコーティングするなら親水コーティングがおすすめです。

コーティングしなくても、「油膜取り」や「水垢落とし」をするだけでも親水状態になるので、やりやすい方を選んでください。

↓水垢落とし↓

どうしても撥水が良いという人には強撥水なら水滴も残らないのでおすすめ!

↓↓↓

どうしてコーティングを場所で分けるのか?

そもそもどうして車の窓ガラスは場所によってコーティングを分けたほうが良いのか?

これは風が当たる場所を当たりにくい場所あるからです。

車のフロントガラスは一番風と接する場所です。撥水コーティングをして走っているだけでも水滴を飛ばすことができるのでフロントガラスには撥水コーティングになります。

サイドガラス、リアガラス、サイドミラーは走っていても比較的風の影響を受けにくい場所にあります。

風がの影響が少ないと撥水していても水がなくならないから光が反射して見えにくくなってしまいます。

雨が強くてもフロントガラスを撥水コーティングしているときは見えやすいしサイドガラス、リアガラス、サイドミラーも親水状態ならとても見やすくなります。

決まりは無いので分けるのが面倒で全部撥水させてもいいでしょう。

でも撥水コーティングと親水コーティングを分けることで車の窓ガラスもより見やすくなるので分けられるなら分けたほうが良いです。

コーティング剤の違い

車の窓ガラスのコーティング剤は「フッ素系」と「シリコン系」があります。

コーティング剤に使われている成分によって効果も違います。それぞれの特徴をまとめました。

フッ素系

フッ素系コーティング剤は耐久性が高いのと汚れや油膜に強いという特徴があります。

耐久性はシリコン系に比べて2から3倍程度あるので1回塗ればしっかり3週間から1ヶ月程度は持ちます。

少したかめですがコーティング回数も減らすことができるしギラツキを気にすること無く使うことができます。

▼フッ素系コーティング剤▼

 

シリコン系

シリコン系コーティング剤はフッ素系よりも撥水力が強いのが特徴。爽快感を得たいならシリコン系はおすすめです。

価格も安く使いやすいのですが耐久性が低く、コーティング頻度が高くなる可能性があります。

また、シリコンは油でもあるので油膜の原因にもなります。   色々使って自分にあった物を選ぶといいですよ!

▼シリコン系コーティング剤▼

 

車の窓ガラスのコーティングは使い分けが良い!

車の窓ガラスをコーティングするときは場所で使い分けるのがおすすめです。

見えやすくないといけない場所。 多少見えにくくてもいい場所。

使い分けることで快適な運転をすることができます。

使う前はしっかりと油膜とり、水垢落としをしてからコーティングするようにしてくださいね。

詳しいやり方はこちらで確認できますので参考にしてください!

車の窓ガラスの外側の掃除方法は?

タイトルとURLをコピーしました