車の窓ガラスの清掃をするのはなぜ?

「車の窓ガラスの清掃ってなんでするの?」

「ボディだけきれいになっていれば良いんじゃないの?」   

車の窓ガラスを清掃するメリットや、やらないデメリットを紹介していきます。  

これを見れば車の窓ガラスの清掃をするのはなぜかがわかります。  

運転している時の視界の悪さ。雨が降ったときにガラスが曇る原因や前が見えにくいことによる危険性。  

ガラスの汚れが原因だからです。  

安全に運転するにはまずは見えないことには始まりません。

車の窓ガラスの清掃をする理由

車の窓ガラスを清掃する理由は視界の確保をするためです。  

窓ガラスが汚れていると曇ったり前が見えなかったりと運転するときに危険だからです。  

雨の日に内窓が曇ってしまい前が見えなくなることってあります。また、雨が弾かなくてワイパーをやっても前が見えない状態だと運転するのはとても危険です。  

リアガラスも曇っていると後ろが見えないので車線変更をするときに危ない思いをしたり目視確認するときにしっかりと確認することが出来ないこともあります。  

窓ガラスが汚れていることで事故の危険性が高くなり危険な運転になってしまいます。  

清掃しなくてもエアコンつけておけばきれいに見ることができるし撥水ウォッシャーを使えば良いというのもわかります。  

あえてきれいにしておかなくても対策は出来ますよね。  

でも車の窓ガラスを清掃しておけば曇りにくくなりますし、コーティングすることで撥水してワイパーをしなくても視界を確保できるくらいになります。  

自分の命を乗せて走る車だし周りの人に危険な思いをさせないための努力も必要です。  

視界を確保することで安全に運転することができるようになるので車の窓ガラスの清掃はこまめにやるようにしましょう。

車の窓ガラスを清掃するメリットは?

車の窓ガラスを清掃するメリットは5つあります。  

  • 曇りにくくなる
  • ギラツキを抑えることができる
  • よりきれいに外が見えるようになる
  • 雨を弾く
  • 汚れがつきにくくなる  

車に乗っていると窓ガラスは少しずつ汚れてきます。この汚れが原因で窓ガラスが曇ってしまいます。  

寒い日や雨のひは曇りやすくなるのですが清掃することで曇りにくくすることができるようになります。  

日中運転していると窓がギラギラしてしまうことがあり眩しくて前が見れないことがあります。  

ギラツキを抑えることでしっかり前を見て運転することが出来ます。  

車の窓ガラスの清掃をすることでよりきれいに外が見えるようになります。  

曇っていると見え方が少し悪いのですがクリアな視界を確保することで色々なことに注意することができるようになります。  

フロントガラスは撥水をしておくことで雨を弾きます。雨を弾くことでワイパーを動かしている時にし水玉になってくれるので前が見やすくなります。  

少し速度も出ていればワイパーをしないでも水がなくなっていくので強い雨の日でも安心して車に乗ることが出来ます。  

コーティングすることで汚れが付きにくくなり窓ガラスをきれいにしておくことが出来ます。  

外側だけじゃなくて内側もコーティングできるのももあるので汚れが使いない工夫をしておくときれいな窓ガラスを維持することが出来ます。

車の窓ガラスを清掃しないデメリット

車の窓ガラスを清掃しないデメリットは  

  • 窓ガラスが曇る
  • 結露しやすくなる
  • 雨を弾かないから前が見えない
  • 後ろが見えにくくなる  

窓ガラスが曇ると前が見えなくなりとても危険です。気温の変化や湿度などで曇るのですが、突然なるととても焦ります。  

窓ガラスが汚れていると結露してしまうことや凍結してしまうことがあります。  

すぐに車に乗ることが出来なかったり時期によっては余計な一手間増えてしまいます。  

雨の日ではフロントガラスが撥水していないと前が見えなくなりかなり危険。ワイパーを動かしていても見えにくく周囲の状況の把握が出来なくなります。  

リアガラスが曇っていると後続車の状態がわかりにくくなり大変危険です。  

交差点を曲がるときなど人が歩いていないか、後ろからきていないか目視するときにはっきり見えないと事故につながる原因になってしまいます。  

車の窓ガラスを清掃しないと車を運転することが危険なことになります。  

しっかりときれいにして安心して、安全に運転できるのを心がけてください。

車の窓ガラスの清掃はいつやる?

車の窓ガラスの清掃はこまめにやるのが効果的です。  

夜、運転しているときに見えにくくなってしまっていると危ないからです。  

また、急な雨や雪のときに視界を確保するためです。   車内に乾いたタオルをおいておいていつでも窓ガラスの清掃をすることを心がけるだけです。  

タオルをおいておけば気がついたときにサッと掃除することが出来ます。  

一番良いのは、きれいにした状態でコーティングをしておくことです。   コーティングをしておけば汚れをすぐに落とすことができるしいい状態を維持することが出来ます。  

前が見えるから良いと思うかもしれませんがそれだけではいざというときに危険なこともあります。  

反射して見えなくなったり目視しても見えないことがあるからです。  

車内にタオルをおいておいていつでも清掃できる準備をしておけばいつで窓ガラスをきれいにすることが出来ます。  

【おすすめタオル】 →【延長セール開催】マイクロファイバークロス 4枚 正方形 30cm×30cm (K0001-04)洗車 大掃除 窓拭き 速乾 吸水クロス タオル 布巾 ふきん【送料無料】【メール便】

【おすすめコーティング】 →PLARTA プラルタ コーティング コーティング剤 掃除 シンク コンロ レンジフード 防水 水まわり 水周り用 鏡 傘 防水 スマホ 携帯 画面 液晶 お手入れ 車 カー用品 ガラスコーティング 超撥水 滑水性 滑水 撥水加工 撥水スプレー キッチン <プラルタの詳細はこちら>

タイトルとURLをコピーしました