縦列駐車は前からいけるない。バックのコツとやり方

「縦列駐車は苦手。でも、前からできればらくじゃない?」
 
一度はそう思った事ありませんか?
 
縦列駐車を前からやることは車の構造上できません。よほど、距離があるなら可能ですが、そんな駐車場はなかなかないからです。
 
なのでバックでの縦列駐車を少しでも上手にできるようにやり方やコツをお伝えします。
 
縦列駐車が苦手なのはなぜか。かっこよく縦列駐車をするコツがわかります。
 
実家の駐車場がたまに縦列駐車をしないといけなくなるのでその経験を元に書いていきます。
 

縦列駐車は前からいける?

列駐車は前からやれれば、ちゃんと確認できるしらくじゃないかと思うかもしれませんが、基本的に前から縦列駐車をすることはできません。
 
それは、車の構造上の問題があるからです。
 
車のハンドルを切ると、前輪が動いて、後輪を軸に曲がったりすることができます。
 
縦列駐車を前からすると、軸になる後輪をベースとしないで、前輪をベースにはじめの操作しないといけないからです。
 
例えば、普段の駐車でバックをするときに、ハンドルを切ると車の動きがびんかんなのは感じたことありませんか?
 
それは、後輪を軸にして曲と円が小さくなり動きがびんかんだと感じるからです。
 
前輪を軸にして縦列駐車をすると距離が必要になるのでスペースの確保ができなくなり、その場で何回も切り返しをしないと行けないからバックで縦列駐車はしたほうがらくなんです。
 

距離があればできる

それでも、前から縦列駐車をしたい人は、駐車スペースに距離がある場所で行いましょう。
 
狭いところだと、車1台分がギリギリというところではできません。
 
むしろ入れません。
 
スペースとしては2倍以上あるところであれば可能。
 
でもそういったところはほとんどありません。
 
後は、単純に前しか停まってないときがチャンスです。
 
そういうときは迷わず、前から行ってもいいですね。
 
縦列駐車をやらないと行けないときは、前からはできない事が多いので、バックでやるようにしましょう。
 
それが早く停めることにも繋がります。
 

縦列駐車のやり方

縦列駐車のやり方は全部で5ステップ。
 
  • 停めたいところの前の車の横につける
  • ハンドルを左に切りながらバック
  • 右後輪が枠に入ったらハンドルを右に切りながらバック
  • 車が真っ直ぐになったらそのまま下がる
  • 調整

です。

ステップ1

まずは停めたいところの前にいる車の横まで車を動かします。
 
真横で良いですよ。
 
隣の車との幅は50センチ程度あれば大丈夫です。
 

ステップ2

ギアをバックに入れて、ハンドルを左に切りながら少しづつバックしていきます。
 
真横にいるので、横の車に当たる心配はありません。

ステップ3

サイドミラーを見るか、ドアを開けて右側の後輪が駐車スペースに入っていることを確認します。
 
入っていたら、ハンドルを右に切りながらゆっくり下がります。
 

ステップ4

車が真っ直ぐになったらハンドルを操作しないでゆっくり下がります。
 

ステップ5

前後の幅の調整をして完了です。
 

注意点

縦列駐車のときに注意しないといけないのは前後の車です。
 
特に注意が必要なところをピックアップしました。
 
  • ステップ2の左に切りながらバックの時
  • ステップ3の右に切りながら入れるところ
  • そのまま下がる、調整する
この3箇所ですね。
 
ステップ2では左に切りながらバックするのですが、左後方にぶつかってしまう可能性があります。
 
ステップ3の右に切りながら駐車スペースに入れるところでは、前の車に自分の車の左前が当たる可能性があります。
 
ステップ4、ステップ5では前後の車に前、後ろが当たる可能性があります。
 
ココを意識して運転すれば大丈夫です。
 
まずは、基本の動きをしっかり覚えて、一つ一つやる事が大切。
 
はじめのうちは、ハンドルを切ったらバックするなど一つの操作を行って、次の操作をすることを心掛けましょう。
 

【縦列駐車のコツ】抑えておくべきポイント

縦列駐車で抑えておきたいコツを2つ紹介します。
 

ミラーの見方

まずはサイドミラーの見方です。
 
駐車するときに、後ろを見るために使います。
 
線が見えないようなら、ミラーの位置を下げて見えるようにしましょう。
 
ステップ2のときはハンドルを左に切り、左のミラーを見ながら下がります。後ろに当たらないかの確認です。
 
ステップ3では右後輪が駐車スペースに入ったのを確認するために使います。
 
ステップ4、5ではルームミラーを使い後ろの車に当たらないように調整します。
 
ルームミラーは見るけど、サイドミラーを見ない人が多いので、サイドミラーを使う意識を持ってやりましょう。
 

全長・全幅の把握

次は全長の把握をする事です。
 
ステップ2のときに、車の左前が前の車に当たるかもしれないと行ったのは車の前の長さの問題。
 
大体、タイヤは自分の足元にあるので、そこにプラス50センチから100センチくらい。
 
「いやいや、わからんし」と言われそうなので、運転席から見えるものを使って判断しています。
 
自分が使っているのは、ワイパーブレードです。
 
運転しているとき左側に寄せて、
 
「ワイパーブレードのこの部分までならタイヤはこの位置」
 
「ワイパーブレードのこの部分までなら左前はこの位置」
 
という感じで把握しています。
 
感覚だけだと、たまにわからなくなってしまうので、自分でわかるものさしを持っていると判断しやすいです。
 
左後ろの場合はミラーを見て確認できるので大丈夫かと。
 

縦列駐車は前よりバックでやったほうが良い

狭いスペースで縦列駐車は前からできないし、切り返しが多くなってしまうので、バックでやるようにしましょう。
 
やり方がわかっていて、丁寧にやれば、すぐできるようになります。
 
私みたいに、家でやらないといけないという人以外は
やる機会は少ないから心配になるかもだけど
 
ゆっくり丁寧にやれば大丈夫!
 
【バック駐車が苦手な人はこちらで詳しく紹介しています】
タイトルとURLをコピーしました